保護者との関係



基本的に子どもが満足して塾に通っていれば、保護者も通わせ続けたいと思います。 しかし、塾の費用を出しているのは保護者ですので、保護者にも信頼してもらえるように努めなければなりません。 いくら生徒に人気のある塾講師でも、ちょっとした言動や態度で保護者が違和感や不信感を覚えることがあるのです。


短い間でもお迎えなどで顔を合わせることがあれば挨拶は欠かさないこと、 電話や面談の時間を設けて、不安を取り除いたり相談に乗ったりすることが必要です。 また、塾講師側に全く意識がなくても、保護者がちょっとした一言を不安に思い、クレームにつながることがあります。 保護者がクレームを伝えることは講師に対して期待している気持ちがあるため、そのクレームをきちんと受け止め、改善していくことが必要です。


保護者との付き合いが長くなると、塾に対して積極的に関わってくる保護者と、学習面を全て任せている保護者と、 大きく2つに分かれていることが分かってきます。 前者は教育熱心で、保護者側からの連絡頻度も高く、安定した信頼関係を築きやすいでしょう。 後者は入塾以来ほとんど保護者と会っていないということもあるかもしれませんが、そういう家庭にこそきっちりと塾の様子を伝えていく必要があります。 全ての家庭(保護者)と密度の高いコミュニケーションをしていくことで、生徒が辞めない、評判の良い塾となるのです。よって、生徒との信頼関係はもちろん、保護者との信頼関係も同時に築いていくことが必須となります。


リンク集

塾講師を目指すにはどうすれば良いのか、関連する情報を集めました。

詳しくみる…

サイトマップ

当サイト「塾講師を目指すには」のサイトマップ

詳しくみる…

サブメニュー